私とカウンセリングの出会い

カウンセリング

やっとブログを始めることを決めて、準備して、始めのブログは、カウンセリングとの出会いについて書こうと思う。

私は占いとか、運勢とか全く信じないタイプで、(自分の運命は自分で切り開く!と思うタイプなので・・)ましてや、自分がカウンセリングに出会い、カウンセラーの勉強までしようと思うなんて、未知の扉を開けた気分。

同じイメージを持っている人も多いと思うけど、カウンセリングは病気の人が通う場所で、通っていることは、人に知られたくない(隠したい)=自分の心の闇を見せる場、そんなイメージがあった。

ある日、2年ぶりに同級生と会う約束をしていて、待ち合わせのカフェに行くと、その子は、痩せ細って、元気がない様子。「どうしたの?」と聞くと、旦那の浮気が発覚し、別居していて、3人の子供を1人で面倒みている。ずっと専業主婦だったから、離婚して3人を自分1人で育てる経済力もないし、「旦那に戻ってきてほしい」と言っても、「もう戻れない。離婚したい」と言われる一方で、どうしたらよいかわからないと・・・。

私はこの話を聞いて、愕然とした。私にとっては、その子の家庭は理想の夫婦で、学生時代から付き合って、結婚した経緯も知っていたし、3人も子供がいて、「なんで!?」と思った。

その子は続けた、「なんでこんなことになったのか、冷静に考えるために、心理学の本やブログを読んでいる」「自分は、本当はどうしたいのか。離婚したいのか、したくないのか、自分軸で考えるため、自分と向き合っている」「自分の両親、旦那の両親との関係や距離感で問題が起こっている場合もあるから、原因は両親との関係性にあるかもしれない」

そして、旦那が浮気した原因、戻りたくないと言っている理由を、その子は、自分なりに分析し、心と論理的に向き合っていた。

私は、心なんて、感情次第で浮き沈みするし、気まぐれなもので、浮気するのは、する人がただ、女好きなだけで、そこに深い理由なんてないと思っていた。

心は天気みたいに、毎日、様子が変わるし、それはその人の気分次第で、単なる自然減少で、嬉しくなったり、悲しくなったりするものだと思っていた。

だけど、その子は、起こった原因や、自分の心、旦那の心を論理的に分析し、問題の原因を必死で考えていた。

そして、帰り際に、その子が私に「Rennちゃんよかったら、根本ひろゆきさんのブログ読んでみて!」と紹介してくれたのが、カウンセラー根本さんとの出会いだった。

私は、それから、根本さんのブログを毎日読みあさった。そして、自分が、自立系女子で、武闘派で、今まで生きづらいなと思っていたことに理由があったことを知った。

そして、これが私とカウンセリングの出会い。この後、私はカウンセリングを通して、多くのことを学び、自分の心と向き合う日々を迎えることになる・・・。

これが、私のカウンセリングとの出会い。このブログでは私がカウンセリングを通して学んだ人生を生きやすくする考え方や心の持ち方を少しづつでもお伝えできたらいいなと思います。

はじまりはじまり。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました