「やさしさ」とは何か?

心の癖

彼氏に嫌われたくないから、自分の本心を言えない「やさしさ」

離婚したことを子供に話すと傷つけてしまいそうだから、嘘をつく「やさしさ」

浮気したことを話して、わざわざ彼女を傷つける必要もないから黙っておく「やさしさ」

やさしさには、色々な形があり、「やさしい」って単純な言葉なのに、人によって、捉え方が全然違うように思う。

この前、私が通っているカウンセリングのお弟子さん講座で、

「カウンセラーになることに対する自分が感じている課題は何か?」という質問をされた。

私は、

「カウンセリングは心を扱うセンシティブなものだから、辛い体験をした人達の話を聞いて、自分の心が耐えられないことが課題」と答えた。

すると、「Rennさんは、とっても優しい人なのですねー」という返答がきた。

私は、全く意味がわからなかった。だって、私は、やさしい人間ではないから。

そして、今日、カウンセリングのデモセッションをしたのだけど、その中で、私の中に、

「やさしい」ということへのたくさん気づきや発見があった。

私はよく、「Rennちゃんって、やさしいよねー」と言われると、必ず自分を否定する。

「全然、やさしくないですよ。自分のことやさしいなんて、そんな風に思ったことないです。」

照れ隠しではなく、本気でそう思っている。

だって、私の中の「やさしい」という言葉の定義は、

自分を犠牲にして、相手のために何かすること

自分が我慢してでも、相手のために何かすること

だから。

逆に、どんな人を「やさしい人」って思うの?と聞かれて、パッと出てきた私の答えが、

・家事をしてくれる人

・カフェで友達と待ち合わせをしていて、その友達が、私の誕生日を覚えていてくれて、サプライズで「おめでとう」とプレゼントをくれる人

・自分が食べるのを我慢して、子供にご飯を食べさせてあげる人

私は家事が嫌いだから、家事をするのは自分が我慢してすることだし、プレゼントを渡すのも、自分のお金と時間を使ってまで友達の誕生日のためにプレゼントを贈るなんて、自己犠牲感があると思ってしまう・・。

なんて、冷たい人。私。

だから、私は、やさしくない。

だから、やさしく思えない自分が、なんてひどい人間なのだろうって思うことさえある。

やさしい=自己犠牲 という考え方になったのは、いつからだろう?と、ふと考えた。

私にとって、「やさしさ」の象徴は「お父さん」だな。

本当は、自己犠牲しているかどうかは、本人に聞いてみないとわからないし、私が勝手にそう思っているだけかもしれないことも頭ではわかっている。

だけど、「やさしいよね」って言葉を聞くたびに、「やさしい」を受け取れない私がいて、

「やさしい」を受け取れるようになったら、私は、どうなるんだろう?って考える。

「やさしい」って、こんな単純な言葉でさえ、自分の価値観によって、定義や観念が違って、人の感じ方や捉え方は、それぞれ違うから、コミュニケーションってすごく難しいものだと思う。

そして、そんな風に、自分の思い込みや、観念に、気づき、肩の荷を下ろすことができるのも、カウンセリングの良いところだなーと思う。

そんな、「やさしい」という単純な言葉について、考えさせられた日でした。

あなたにって、「やさしさ」とは何ですか?

★★★

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました