ずっと、真っ暗も明るいもない

カウンセリング

私のヨガの師匠、グルとの話のつづき

グルは、ヨガクラスで、身体を動かす前に、必ず、哲学の話をする。

それは、ヨガを教えるということは、「人生においての、心のありかたを教えることだから」と、彼は言う。ヨガの先生が、心が落ちて、負のエネルギーで生徒に教えていたら、その生徒たちの、エネルギーはあがらないでしょ。と

私がグルに、出会ったのは、仕事も多忙で、人間関係にも疲れ、深い罪悪感を抱えていた時だった。それまでの、私は、ヨガになんて全く興味がなかった。

ただ、弱い自分が嫌で、「心を鍛えたい」そんな想いで、参加した。

グルの話は、私にとって、始めは、すごく難しかったし、全く理解できなかった。

そもそも、私は、神とか信じてなかったし、「経験と目の前にある事実しか信じない」そんなタイプだった。だけど、何度も、何度も、話を聞いて、自分の意識もあがっていくうちに、段々理解ができるようになった。

先日、クラスの始めに、愛とリスペクトの話に加えて、グルがこんな話もしていた。


月は、太陽の光があたって光る。だから、月は、自分だけで光ることができない。

太陽の光があたっていない時は、新月。「真っ暗」です。

太陽の光が最大にあたる時が、満月。明るく満たされています。

ずーっと、真っ暗は絶対にないです。

ずーっと、明るいも絶対にないです。

この繰り返しが、人生です。

このバランスが、人生です。

人生とは、ライフとは、そういうものだから。

「わたしだけ」じゃない、みんな、この繰り返しで生きています。

地球と太陽もそうでしょ?

太陽の光の関係で、朝昼夜が繰り返されて・・・・。

ずっと朝だったら、静寂や清々しさを感じないでしょ?

ずっと夜だったら、居酒屋に行って、「かんぱ~い!」することにワクワクしないでしょ?

明るく満たされている時は、理解しやすいです。わかりやすいです。

真っ暗なときは、理解することが難しいです。でも、そんな時にこそ、理解できたら、それが本物の幸せです。

その真っ暗な時を、理解するために、ヨガの練習をしましょう。


その話を聞いて、こんな風に思った。

私たちは、何か悪いことがあったとき、最悪な状況に陥ったとき、過去の様々な自分自身の選択で、その状況になっている。

もしかして、最悪な状況だと思ってしまっているのも、自分なだけかもしれない。

結局、いいことも悪いことも、つくっているのは自分自身。

でも、今いる所が「真っ暗」だとしても、また自分の選択肢で未来はいくらでも変えられるし、明るく満たすことができる。

そんな、自分の状態に気づくことができるのが、ヨガの良さだと思う。

私と、ヨガの師匠グルの話でした。

0

コメント

タイトルとURLをコピーしました