自分で、ものごとをコントロールしようとしないこと

哲学×心理学

心理カウンセラー×ヨガのれんです。

身を委ねることの大切さについて、お話したいと思います。

静かに、目を閉じて、座って、ただ、

「宇宙の空間に身を委ねる」

「みんなの、お陰様でを感じて、ただ目の前の空間に意識を委ねる」

これは、私が、瞑想の時に、意識することです。

始めは、言ってることが、私も理解できなかったのですが、最近、とても感じられるようになりました。

私たちは、

焦ったり、何かに抵抗したり、もがいたりするから、苦しくなります。

そして、自分の想い通りにならないことに、イライラや、嫉妬心が募ります。

だけど、ヨガの哲学では、目の前のことに全力投球するけど、結果は、求めない、コントロールしない。

「ただ、委ねる」

ことを学びます。

委ねるとは?誰に?

それは、私たちには、コントロールできないところにあるもの、

「ただ、神に委ねる」

ということなのだと思います。

心理学で深い心の在り方を学ぶと、

「今、私たちの目の前で起きている現象は、すべて私たちが自分で作り出したもの」

ということを理解します。

私たちには、強い意志力があって、意識的かもしれないし、意識はしていないけど、潜在的にそう願っているかもしれないことが、目の前の現実として現れます。

それは、明日そうなるかもしれないし、10年後かもしれないし、来世かもしれないけど、自分が思い描いたことが、現実世界として起こるようになっています。

だから、目の前のことに、最善をつくして、後は、委ねる……

結果に執着したり、相手をコントロールしようとしても、ただ辛くなるだけ。

仕事で頑張ったから、成功するはず、認められるはず。

彼に尽くしたから、彼から好かれるはず、うまくいくはず。

こんなにも、努力して頑張って、自分を犠牲にしてきたのだから、報われるはず。

それは自分の手の中にはなくて、コントロールはできないものだから。

考え続けるだけ、無駄だし、辛くなってしまうだけ。

だから、私たちは、「今」できることに、最善をつくす。

それが、ただ、「目も前の空間に身を委ねること」

そうすれば、本当は私たちは、何も悩むことはないのかもしれませんね。

だけど、私たち、人間は、心や脳(意識)があるから、やっぱり、色んなことを考え出してしまいます。

だから、私たちは、今日も、ただ委ねることを練習します。

それが、ヨガの練習であり、瞑想の練習に繋がるところなのかもしれません。

今日のオンラインヨガも、みんなで、ただ委ねる練習をしていこうと思います。

★★★

自分の愛と繋がるヨガはこちら途中参加もOKです!:6/2~6/30 自分の愛と繋がる秘密の特訓ヨガ&瞑想会

6/21国際ヨガデーにはオンライン特別ヨガイベント開催します!

6月のカウンセリングお申込みはこちら

7/4,5,6は、3日坊主瞑想会&クリスタルボウル開催します。

★ 楽しくタメになるメッセージ配信中 (れんのインスタグラムはこちら )

★セッションやヨガのお知らせをいち早くお届け。れんのTwitter

★個人セッションでお話したい方はカウンセリングメニューはこちら

★れんに直接声が届きます。お問い合わせ・ご意見・お悩みはお気軽に・こちら

★ れんの公式Line@お気軽に友達に!気まぐれ更新とお友達限定の不定期企画あり。

1+
タイトルとURLをコピーしました