自分にとって心地の良いバイブレーションとは?!

哲学×心理学

心理カウンセラー×ヨガのれんです。

みなさん、自分に心地の良いバイブレーション(波動)って、聞いて何が思い浮かびますか?

音は振動(バイブレーション)で、その波動が心地よいと感じるかどうかは、自分のフィーリングですよね?

友達とかでも、波動があう友達って、自分にとって、心地よかったりします。

だから、その時の自分に心地よい、バイブレーションを探すのがとても大事です。

例えば、オペラが好きなお母さんが、朝からリビングで大音量でオペラを聞いていて、そこに、オペラが好きじゃない息子が来ると、その息子は、オペラのバイブレーションが自分に合わないから、

「あーって」なりますよね。

逆に息子がヒップホップが大好きで、それを大音量で聞いていて、息子の部屋にお母さんが入ったら

「うるさーい!」ってなるかもしれないし。

自分にあうバイブレーションは人ぞれぞれ。

音の振動に対して、自分の好み、自分のその瞬間に受け入れやすい、

受け入れられる振動に、良いとか悪いとかはないんです。

それと同じで、人づきあいも、自分が関わるものも、

自分にとって、今、心地よかったら取り入れてください。

ちがうなと思ったら取り入れなくてもいいんです。

いくら人に、「これをやったら気持ちよくなりますよ」って言われても、

それが自分に心地よくなかったら、それを取り入れなくてもいいんです。

大丈夫、世界はもっと広いから、もっとあなたにあったものがたくさんあります。

だから、自分でそれを選んでいいんです。

ニンジンだって、小さい頃は嫌いだけど、大きくなったら、好きになるとか、

自分の趣味嗜好はその時によって変わりますよね?

だから、人間として、究極的に死ぬまで大事にしてほしいのは、ご自身のそのまっすぐな感覚です。

今、おいしかったら食べて、今いらなかったらたべなくていい。

今、いらなかったら、取り入れなくていい。

それに先立って、正解とか不正解の枠を先立って作ってしまうと、その枠の中での世界しかみれなくなってしまいます。

自分の今を大事にする。

振動はうそがつけない、フィーリングはうそをつけない。

だから、会社に行って、あの人苦手!って思っても、その時は、うまく話を合わせたとしても、心の奥底の「嫌い・苦手」っていう気持ちは変わりませんよね?

それでいいんです。

だから、自分のピュアな振動に耳を傾けることがすごく大事です。

今の自分が純粋に、ピュアに感じているものに、ちょっとごまかしとか、

こっちの方が正しいのかなっていう理性、

こうすべきが正しいのかなっていう概念を入れることもできるけど、

入れたところで、自分の本心の振動と、少し距離ができてしまう感じがします。

距離ができた分、自分の心の中で、ずれを感じているでしょ。

でも、みんな、ブレない自分になりたいって、統一したいって思ってる。

それは、自分にブレを感じない、統一した部分が、調和であり、ハーモニーであり、平和を感じる部分だっていうことを、みんなは誰にも教わらなくても知ってるからなんです。

この感覚は、誰にも教わらなくてもすでに、みんなに、備わっている感覚なんです。

だから、自分の感覚を信じて、自分に心地よい選択をしていってくださいね!

今日は、波動のお話でした。

インド哲学の講座では、こういった自分に心地よい心の見つけ方のお話をしていきますので、「自分へのブレ」を感じている方へおススメです!

▼9/25(金)19:30-21:30は、自己肯定感を高める!哲学×心理学の講座を開催します。

特に心の持ち方を改善したい方は、こちらもおススメです!

▼毎週2回オンラインで、マインドフルネスやヨガ、心理学のお話をしています。随時、募集中です!

▼れんのカウンセリングはこちらから

  • 60分 16,500円 (税込)オンライン
  • 90分 20,000円 (税込)オンライン
  • 90分 23,000円 (税込)対面(大阪)

★ 楽しくタメになるメッセージ配信中 (れんのインスタグラムはこちら )

★セッションやヨガのお知らせをいち早くお届け。れんのTwitter

★個人セッションでお話したい方はカウンセリングメニューはこちら

★れんに直接声が届きます。お問い合わせ・ご意見・お悩みはお気軽に・こちら

★ れんの公式Line@お気軽に友達に!気まぐれ更新とお友達限定の不定期企画あり。

0
タイトルとURLをコピーしました