貧しさとは、いくら得ても満足できない心の働きである

哲学×心理学

心理カウンセラー×ヨガのれんです。

この写真のヨガのポーズは、三転倒立(シルシャーサナ)と言います。

逆転のポーズは難易度が高いですが、

「いつもと違う視点から、世界を見ると、考え方も大きく変わるよ」という意味が込められています。

恋に、家族に、人生に、絶賛修行中のみなさまへ、お届けしたい今日の言葉は、

心の貧しさとは何か?

貧しさとは、いくら得ても満足できない心の働きである

という、精神鍛錬のような言葉です。

私も耳が痛い、この言葉ですが、

ヨガ哲学だと、「サントーシャ」

仏教だと、「知足」

と言ったりします。

今あるものに感謝して、足りていることに気づく心の修行のことです。

「もっと、稼ぎたい・・・」

「もっと、容姿を磨いて・・・」

「もっと、いい男を捕まえて・・」

「もっと、幸せを感じて・・」

何かに追われているように、もっと、もっと、

私たちは、手に入れたものに、すぐに飽きて、また手に入らないものを欲しがってしまう。

そして、足らないものばかりに注目して、今、充分に、満たされていることを見ようとしない。

それを見ようとしない人は、そばにいる人や、環境にも、ずーっと不満を持ち続けてしまう。

それは、人間なら、みんなが持っている心の作用なんです。

だから、それに気づいたら、自分を責めるのではなく、今、目の前にあることに、1つ1つ感謝していけると、

すべてのことが大きく変わってきます。

私たちは、本当は、ただ存在するだけで、特別な存在なのに、

「私には、これが足りない・・足りない・・」って

自分で自分の首を絞めてしまう。

私も、ずーっと、いや、今も、かなりの頻度で、足りない症候群が発症するので、

その気持ちが、と~っても良くわかります。

だけど、自分で、それに気づくことができると、

「私は、何も心配することなかった。」

「だって、今の状態が、完璧だから。」

嘘みたいだけど、急に、そう思えるようになります。

彼氏に振られても、仕事がなくなっても、幸せじゃないと思い込んでいたとしても、

その状態こそが、実は、今の、あなたにとって、完璧な状態なんです^^

だから、心理学だと、なぜその問題が起こったのか?

ピンチはチャンス!ということで、その問題を掘り下げて、解決方法を考えていくことが多いです。

今の、あなたに必要な問題だから、起こっているんです。

だから、自分を信じて、自分の選択を信じて、その選択は、「完璧」だから。

なんだか、今日は、悟りのような文章になってしまいましたが、

そんな、どこまでも、ストイックな?心の持ち方をお話するインド哲学の講座を開催します!

講座の後には、「私って、完璧だわー!」と自己肯定感があがって、自分に自信がつくことは間違いなしです^^

▼9/25(金)19:30-21:30は、自己肯定感を高める!哲学×心理学の講座を開催します。

▼毎週2回オンラインで、マインドフルネスやヨガ、心理学のお話をしています。随時、募集中です!

▼れんのカウンセリングはこちらから

  • 60分 16,500円 (税込)オンライン
  • 90分 20,000円 (税込)オンライン
  • 90分 23,000円 (税込)対面(大阪)

★ 楽しくタメになるメッセージ配信中 (れんのインスタグラムはこちら )

★セッションやヨガのお知らせをいち早くお届け。れんのTwitter

★個人セッションでお話したい方はカウンセリングメニューはこちら

★れんに直接声が届きます。お問い合わせ・ご意見・お悩みはお気軽に・こちら

★ れんの公式Line@お気軽に友達に!気まぐれ更新とお友達限定の不定期企画あり。

0
タイトルとURLをコピーしました