瞑想は頭の中を無にしないといけないのでしょうか?

哲学×心理学

心理カウンセラー×ヨガのれんです。


11月からは、毎週木曜日の夜21:45~23:00で、マインドフルネス×おやすみヨガをオンラインで開催します~。

▼11月オンラインおやすみヨガの詳細はこちら

1回からでもご参加いただけます。


ヨガやマインドフルネスで、よくいただくご質問。

「瞑想って、心や頭を無にしないといけないのでしょうか・・?」

ズバリ!!そんなに、簡単に、頭の中を無にすることは、できないです!!

瞑想をはじめて初心者の方は、0.1秒でも無にできる時間があれば、すばらしいと思いますよ^^

ここで、人間の頭って、トリッキーだなと思うのは、

「瞑想で頭を無にしなければならない」という考えさえ、思考なのは、わかりますか??

頭を「無」にしたいと思っているのに、「頭を無にすることを、達成しないといけない!」

と思っているということは、

無にしたい=欲を手放したいと思って、瞑想に来ているのに、

何かを達成したいという、欲を持って瞑想に入っているという、この矛盾です。

伝わっていますか・・??

「無になることを達成したい!」という挑戦魂で、瞑想をしている間は、

残念ながら、すごく思考が優位になるので、無になることはできません。

それどころか、「無」になれなかった自分、

いろんなことを考えている自分を

「瞑想したのに、全然だめだった」と自己否定してしまうループに入ります。

みんな、あるあるじゃないですか??

で、それと同じことが、〇〇しないといけない問題には当てはまります。

例えば、

「彼のことを忘れなければならない」

「過去のことを忘れなければならない」

これって、彼のことを忘れようと思えば思うほど、

彼との記憶が頭によみがえってきますよね?

「忘れたい」のに、「彼のこと」を思うことで、

彼が頭の中で、蘇るからです。

そして、忘れられない自分を否定し始めますよね。

自己嫌悪です。

「彼のことを忘れられない私」というパーソナリティを自ら作っているんですね。

だから、そんな時は、忘れられない自分を責めるのではなくて、

忘れられないくらい、それだけ好きだった自分がいるんだな~

そんな人に出会えて幸せだったな~と

ぜひ自分を肯定的にみてあげてくださいね。

するとね、

「そんなに人を愛せる私。たくさんの愛を持っている私」という

パーソナリティに変わっていきますよ。

否定形は、肯定よりも、脳に忘れさせない強い力を持っているので、要注意です。

こんな風に、瞑想やヨガを日常生活に取り入れられるように、私のクラスではお伝えしています。

思考を止めて「無」になる、愛と繋がる瞬間をぜひ、一緒に体験しましょうー!

れんの公式Line@限定で、毎月無料でのお悩み相談メールやってます。続きが気になる方は、お気軽にご登録を。

▼毎週木曜の夜21:45~オンラインでマインドフルネス×ヨガを開催しています。随時、参加いただけます!

れんのカウンセリングはこちらから

  • 120分 30,000円 対面
  • 90分 23,000円 対面
  • 90分 20,000円 オンライン
  • 60分 16,500円  オンライン

★ 楽しくタメになるメッセージ配信中 (れんのインスタグラムはこちら )

★セッションやヨガのお知らせをいち早くお届け。れんのTwitter

★個人セッションでお話したい方はカウンセリングこちら

★れんに直接声が届きます。お問い合わせ・ご意見はこちら

★ れんの公式Line@!気まぐれ更新とお友達限定企画やってます!

0
タイトルとURLをコピーしました