上司とあわないのですが、夢のために今の環境をあきらめたくない!

お悩み相談

コーチ&マインドフルネス講師のれんです!

職場や学校で上司や先生が怖いと、
それだけで、毎朝、会社へ行くのが恐怖ですよね。

私もそんな体験をかつてしたことがあるので、
お気持ちがよくわかります><

そんな時って、できない自分が悪い!と
自分を責めてしまいガチですが、

少し環境が変わって変化があると、
私が悪いのではなく、環境が悪かったんだなと気づくことがあります。

キーワードは、

苦しみの鎖で相手と繋がらないこと

鎖から自らを解放してあげること

ココロノマルシェへのご回答です。

自分がやりたいこと職にするために、学術研究の道へと進みました。現在、博士後期過程に在学している大学院生です。

私の指導教官は女性で、ものすごく怖いです。ハラスメントに近い言葉を投げかけてきます。「迷惑だ」「関わりたく無い」等、とにかく言葉が心にグサグサ刺さります。

先日、この方と過去最悪なこう着状態が数日間続き、心身ともに死んだような日々を過ごしていました。結果として和解はできましたが、「貴女は追い詰めないとやらないでしょう、だから真意を伝えず厳しく接した。

真意は、貴女に自立してしっかりと自分の足で人生を歩んで欲しい」という理由で厳しく接しているようです。

理解はしますし、愛情として受け取っています。だけど辛い。少しでも寝不足で思考がクリアではないと、負のスパイラルで吐き気が止まらなかったりします。

どう感じているのか振り返ってみると、先生に怒られるのが怖くて提出が遅れたり、先生にいろいろ言われるのが嫌であえて尋ねなかったりなど、結果的に自分の首を絞めるようなことばかりです。


そういう方なんだからって理解して受け入れればいいのでしょうが、それが出来ずもう数年経ちました。自分の夢のために今この状況を諦めるという選択肢は無く、とにかく踏ん張って耐えるしか無いと思っています。

こういう場合、他者に感じる不安や恐怖とどう向き合って、自分がやるべきことを進めていけばよいのでしょうか?


なにかアドバイスいただけると幸いです。

(カリンさん)

かりんさん、こんにちは!
れんが回答させていただきますね。

少し時間が空いてしまいましたが、
状況の変化はありましたか?

先生が怖い、
先生が嫌だけど、
自分の夢のために諦めたくない。

カリンさんは、本当に頑張り屋さんで、
たくさん我慢をしていますね。

先生が怖いお気持ちも
めちゃくちゃよくわかるのですが、
本当にその先生が愛から、
厳しくしているのであれば、

今のカリンさんの状況
(怖くて、体調も崩しているし、精神的もつらいということ)

を勇気を出して伝えれば、
理解してもらえるし、
態度も変わると思います。

今日は、心理的な面で、
2つお話したいと思うのですが、

カリンさんは自分のことを
どう思っていますか?

自分ってダメな人間。
私は、どうせできない。

できない私が悪い。
また失敗して怒られる。

そんな風に自分で自分のことを
責めてしまっていませんか?

自分で自分のことを低く扱っていると、
相手からも同じような扱いを受けてしまいます。

いわば、カリンさんご自身が、ご自身に対して思っていることを、

鬼先生という先生を通して、表しているようなもの。

ここまで読んでいただいて、
どんな風に思いますか?

まず、大事なのは、
カリンさんご自身が自分で自分を大切に扱い、自信を持つこと。

それには、我慢しないことも含まれます。

相手がだれであっても、
鬼先生であっても、

嫌なことはイヤ!!

って言いましょう。

そんなこと言ったら、
またダメな奴だって思われる!!

そんな風に心の中で思いましたか??

決してそんなことはないし、
もっというと、自分が苦手な人や嫌いな人には、我慢してまでよく思われる必要はないと思うんです。

それくらい、自分に正直になってもいいんですよ。

2つ目は、
カリンさんの周りで、鬼先生と似た人はいますか?

お母さんやお父さん、
ご兄弟や友達など

身近に先生と似たような人は思い浮かびますか?

セッションであれば、この辺りを深く掘っていくのですが、

もし思い浮かぶ人がいれば、その人との関係性を見直していくことも1つです。

なぜかというと、
その人を先生に映し出してしまって
恐怖心を感じている可能性があるからです。

もしもカリンさんが、お母さんから、
「早くしなさい!」
「〇〇やりなさい!!」って、
厳しく言われてきたとしたら、

そのお母さんとの関係を先生に映し出している可能性があるので、

そこを癒していきます。

カリンさんにとって今大切なことは、

①我慢しないこと
②嫌なこと辛いことは、辛い!という勇気をもつこと
③自分のことを大切に扱い自己肯定感をあげること

です。

できれば、恐怖を乗り越えて、
先生にも自分の本心を話しましょう。

それでも解決しない、辛い場合は、

例えば、大学の事務員さんや、他の先生など、誰か話せる人はいませんか?

これは、先生の問題になりますが、
パワハラしてしまう方って、
ご自身も自信がなかったり、過去になんらかの傷を抱えていることは多いです。

そのため、先生に直接話してダメだったら、

1人で抱え込んでしまうのは、良くないので、間接的に先生に注意してもらえる方を探して、相談するのが良いと思います。

それでも上手く改善されなければ、カリンさんが、メンタルを壊してしまう前に、環境を変える決断をしましょう!

1人でしんどければ、いつでも相談にきてくださいね。

少しでもお役に立てれば、嬉しいです。

ご相談ありがとうございました!

インスタでもご紹介しています。


12月セッションのご予約【残1】

Lineにお悩みやご相談を送っていただくとインスタライブでご回答します!

Lineにご登録で、ダメンズ引き寄せ度チェックシートも無料プレゼント中!

200名以上がご登録!
↓れんの公式Line追加はこちらから

月曜の22:00~
インスタライブやってます!

れんのインスタグラムはこちら 

大阪満席→増席
マインドフルネス×セクシャリティ講座


1+
タイトルとURLをコピーしました