幸せとは何か?どこにあるのか?

哲学×心理学

また抽象的な、なんとも大げさなタイトルにしてしまったけど、

たぶん、生きている以上、みんな「幸せになりたい」と思っているし、

「幸せとは何なのか!?」というのは、永遠のテーマだと思う。

こんなお話がある。遠い昔、ブッタも聖仙人も同じことを疑問に思い、こんな考察をしたのです。

幸福=富 と錯覚している人は多い。だけど、本当にそうなのか?

億万長者によっては、不幸な人もいる。

お金がありすぎて、何を目的に生きたら良いかが分からなくなる人もいる。

お金に振り回されて失うことを恐れている人もたくさんいる。

貧乏人だけど、幸福な人がいる。

反対に、お金がなくて貧乏だけど、何の煩いもなく、日々楽しく生きていられる人も沢山いる。

だから、幸せとは、所有する財産の多さではない。

幸福度は、繰り返す回数が多いと減少する

美味しいお菓子も、一口目は美味しくても、何十個も食べると、最後は苦痛になる。

だから、お菓子の中に、幸せの源は入っていない。

好きなものや楽しみは人によって異なる

お酒が好きな人は、お酒の中に「幸せの源」が入っていると考える。

だけど、嫌いな人は、そうは思わない。甘いお菓子、タバコ、それ自体に良いも悪いもない。

だから、物の中に、「幸せの源」は入っていない。

好きなものや楽しみは、社会によっても異なる

アラブの社会では、甘い紅茶が楽しみのもと。ギリシャでは、苦いコーヒーが楽しみのもと。

日本だと、苦い緑茶に楽しみの源が入っていると思う人もいる。

だから、幸せや楽しみは、生活習慣という 心・意識の中にある。

気分によっても異なる

美味しいイタリア料理も恋人同士の食事ならば、美味しくても、喧嘩しあっている夫婦同士の食事では、おいしさも半減する。

だから、幸福や快感は人の心の中にある。

物に関わらない心の快感もある

ソファーの上でボーっとしている時、天気がいい日に目を閉じて野原で寝転がっている時、心が鎮まるにつれて、喜びが心の底からわきあがってくる時がある。

だから、幸福や快感は、物の有無に関係しない。

何が言いたいかというと、幸福は、見たり、聴いたり、嗅いだり、触ったり、味わったりする、人の感覚器官の対象の中にはなくて、むしろ、その人の「心の状態」に関係している。

だから、幸福は、外の世界ではなく、その人物の心の内心にある。

よく、「自分を幸せにできるのは、自分だけだよ。」とか言われるけど、始めは、なかなかこの意味を理解することが難しかった。

書いていることの角度は違うけど、師匠である根本さんのこの記事(投影の法則再び~あなたの見てる世界はあなたの心の世界を映し出したもの~)と同じことを言っているなと思う。

そして、それを説明するのに、こんな物語がある。

ある若者が、窓もないみすぼらしい小屋の入り口前で、砂の中に手を入れて、何か探し物をしている老女に声をかけた。老女は「落とした縫い針」を探していると言った。若者が一緒になって、砂の中を探してみたが、見つからなかった。老女が落とした縫い針はどこにあるのだろうか?

老女が縫い針を落としたのは、小屋の入口ではなく、暗い部屋の中。

検討違いの場所を探しても、それは、見つかるはずもない。

幸せも同じ。検討違いの場所「外の世界」に探してもそれは見つからない。

それは、自分の心の内側にあるものだから。

うーーん。なんとも、深いお話。だけど、色々なことが繋がっていると思う。そう思えるくらい、まずは、自分の心の内側を平和に保っておきたいと思う。そして「幸せ」は内側にあることに気づいてもらえるよう、世界平和には、まだまだ遠いけど、少しづつ伝えていきたい。

0
タイトルとURLをコピーしました