日常に取り入れられるマインドフルネス:「今、ここ」を大事にするマインドフルネスとは?!

哲学×心理学
吉田れん
吉田れん

こんにちは!
心理カウンセラー×ヨガのれんです。

あなたには、
自分で自分の意識や感情が暴れまくって、
コントロールできなくなってしまう
ことがありますか??

または、人からは、
エネルギッシュですごいね!

なんて言われるのに、
自分の内側には、
どこかポッカリ穴があいていて、
孤独や寂しさを感じてしまうことがありますか?

そんなあなたに
おススメしたい、

日常に取り入れてもらえる
マインドフルネスを
心理学を絡めてお伝えしていきます。

マインドフルネスとは!?

マインドフルネスって聞いたことがありますか?

マインドフルネスとは、
「今、ここ」に意識を集中させることなんですが、

私たちの頭の中って、
普段、めちゃくちゃ忙しいんです。

ちょっと、想像してみてください。

朝、起きて、歯磨きしながら、
今日の予定はなんだっけ?

宅急便、何時ころ届くんだっけ?
あ、あれやらなきゃ、これやらなきゃ。

ご飯を食べながらも、
彼は、今頃何してるかな?
Lineの返信ないなー。

あっ、仕事の準備忘れてた‥。
夕飯は、何にしようかな。

なんて、人間は、同時に100個くらいのことを常に頭の中で、考えているんです。

歯磨きしながらも、ご飯をたべながらも、
意識はここになく、

遠くにいる彼のこと、未来の予定のこと、
はたまた、過去のやっちゃったことを後悔したり、色んな方向へ意識が飛んでしまいます。

とにかく、頭の中が忙しい!
脳みそは常に動いている!!


そりゃ、疲れますよね。
自分の感情を感じる暇もないですよね。


だから、
「今、ここ」に意識を集中することで、
あちこちいく忙しい頭の中を抑えて、
自分の感情を感じていくスペースを自分の中に作ってあげるんです。

自分の中心や軸と繋がるための余裕を自分に作ってあげるっていう表現かもしれません。

私たちって、幼少期は、気ままに泣いて、
お腹が空いたら叫んで、気ままに遊んで、
自分の感情に、めちゃくちゃ自由なんです。

だけど、大人になると、
社会が、仕事が、家族が、
パートナーが、って、
色んなものを背負って生きていきますよね。

すると、知らず知らずの間に、
「私はこうありたい」
っていう自分らしさより、

「私はこうしなきゃ」っていうことを
頭で考えだして、行動してしまうんです。

そうなると、本来の自分らしさを失っていくので、どんどん苦しくなってきます。

マインドフルネスは、
「今、ここ」に意識を向けることで、
「こうしなきゃ」の思考を休めて、
本来の自分の感情を味わい、
選択していく方法でもあるんです。

まずは「気づくこと」が第1歩

瞑想ってやったことがありますか?

瞑想って、普段から、あなたが行動を起したり、
言動をおこす意識が、外に向いているって気づかせることなんです。

子供のこと、仕事のこと、
相手のこと、
社会のことっていう、
外・外・外って、
自分以外の人に向いている意識の矢印を、

例えば、1分でも、
「あえて何もしない!」って決めて、
動くことさえしないていう時間を
過ごそうとしてみてください。

そうすると、
初めての方は、
私もそうだったんですけど、
まず1分が長く感じます。


えっ?
本当にこれ何もしなくていいの?

なんかしたほうがいいんじゃないの?

そもそも
せっかく動かないって決めて座っているのに、

あ~瞑想終わってから、
何食べようかな。って
終わった後のことを考えていたり、

今、意識が、ここにない。

ただ座ってるはずなのに、
終わった後の何しよっ?って、
どんどん意識はあちこちへ行ってしまいます。

ここで、絶対に必要なのは、気づくことです。

だって、
気づかなかったら、
そこに返るとか、
他の方法を選ぶっていう
選択肢が生まれないから。

何かについて考えているけど、
何もしないって決めたはず!
っていう基準があることで、

あれ?

私って、未来のことばっかりに、気が取られてるわ!って気づく基準ができます。

そうして、初めて、
昨日のことを考えている意識。
明日のことを考えている意識。

東京にいるはずなのに、
大阪にいる彼氏のことを考えている意識を

「今、ここ」に
戻してくるっていうことが
少しずつ鍛錬できるようになります。


瞑想って、
無になるとか、
心を静かにするっていう、
イメージがあると思うんですが、

私も含めて人間はみんな、
そこに至るプロセスの中で、

いかにざわめいているか、
いかに「ああ、今、ここにいないか」
っていうことを自覚することから始まります。

そして、
例え、今日も私って、
「今、ここにいないわ」っていうことに
気づいちゃったとしても、
そんな自分を責めないでください。

むしろ、
気づけてるって、
褒めてあげてもいいです。

なぜなら、
以前は気付けなかったことに、
気づくチャンスを自分に与えてあげているからです。

あなたは、そういう自分に気づくことがありますか??

あなたは、
「今、ここにいないな」
「昨日のこと考えているな」
「明日のことを心配しているな」

っていう意識に、
自分が気づいているという感覚がありますか??

きっと、あると思います^^

ここで、もっと深い世界にお連れすると、

気づいている、
他のことに注目している、
心配している自分に、
気づいているあなたは
動いてますか??

気づいている意識は、
動いていないんです。

これが、実は、
マインドフルネスへの近道なんです。

そこで、
見ている方、
気づいている方の意識は動いていない。

その認識に、触れられるようになると、
「気づいている側」で居続けることが、
長くなってくるんです。


みんな人間だから、
心配すること、
行動を起こすこと、
言うこと、やること、
たくさんあります。

これをも見ていられる、
気づいていられる意識って言うのは、
静かな自分の本質なんです。

この自分の本質に気づけると、

イライラしてカッ!となって怒ってしまう、
自爆してしまう、悲しくなって落ち込んで、よからぬ妄想をしてしまうとか、
自分で自分の感情に振り回されることがなくなります。

自分の感情さえも、
見ることができるようになってくるからです。

<マインドフルネスのポイント>

①外に向いた意識を、自分の内側に向けてみる
②静かな時間を設け、思考を止めて、感情を感じる時間をつくる
③「今、ここ」に意識のない自分に気づく
④気づいたら、気づいている方の自分を意識してみる

でね、これができるようになってくると、
不思議なんですが、
自分の感情の声を聞けるようになってくるので、自分らしさを大事にできます。

そして、「今、ここ」に、
集中する力も上がるので、
目の前の1つ1つのことに、
感謝の力が強まります。

そして何より、


ただ、ある、
自分の存在が、

大きなパワーの源になります。

あなたは、ただ存在するだけで、
特別だって感じられるようになります。

何も、あなた自身を変える必要はないんです。

そのままで、いいんです。

例えるなら、
自分がずっと、自分のために居てあげる。

そんな内なるパワーを養えるのが、
マインドフルネスです。

難しいと思いましたか?

次回からは、
テーマごとにマインドフルネスな考え方を
お伝えしていきますね。

私のヨガやマインドフルネスでは、
「今、ここ」に意識を戻していく
練習をしています^^

体験してみたい方は、
ぜひ、お待ちしています~!

①日常に取り入れられるマインドフルネス
②人間関係に活用できるマインドフルネス
③あいつが嫌だ!と思った時のマインドフルネス
④完璧主義が嫌だ!と思った時のマインドフルネス
⑤人の影響を受けてしまうな!と思った時のマインドフルネス
⑥女性性を高めるためのマインドフルネス

※3月上旬のご予約は満席です。
3月下旬、東京対面【残1】のカウンセリングスケジュールはこちら


▼毎週木曜の夜21:45~オンラインで開催しています。
随時、募集中です!

★れんの公式Lineにご登録で、

ダメンズ引き寄せ度合いを診断できる
チェックシートを無料プレゼント中!

私は、自分軸を作ることを中心にセッションをしています。

「自分に自信がない」

「頑張っているのに、どこか満たされない」

「心がいつも色んなことにかき乱されてしまう」

「自分がどうしたいか、よくわからない」

恋愛、仕事、家族、
色んな事に振り回されてしまって、

自分がどうしたいのかを見失ってしまうことから
問題は起こります。

自分の軸を作ると、パートナーシップも、
家族も、恋愛も、仕事も、人間関係も、
あらゆる問題が解決できるようになります。

すべての問題は、
あなたの軸が、
きちんと定まっていないことから起こります。
軸が定まれば、すべての問題は解決できますよ。 ^^

▼れんのセッションはこちらから

  • 120分 30,000円 対面
  • 90分 23,000円  対面 ・オンライン
  • 60分 16,500円 オンライン

★ 哲学×心理学メッセージ配信中 インスタグラムはこちら 

★セッションのお知らせをいち早くお届けTwitter

★個人カウンセリングはこちら

★れんに直接声が届くお問い合わせ・ご意見はこちら

★ れんの公式Line!
ダメンズ引き寄せチェックシート無料プレゼント中!


0
タイトルとURLをコピーしました